“太陽のサーカス”シルク・ドゥ・ソレイユ。そのエンターテインメントを堪能できる日本初の常設劇場「シルク・ドゥ・ソレイユシアター東京」が10月1日、東京ディズニーリゾートに誕生した。“いま最も旬な男”俳優の小栗旬さんとその魅力を追いかけてきた連載もついに最終回。小栗さんと「ZED」を見た。

 ◇

 ついに開幕した「ZED」。トライアウトの間、日本の観客の温かい反応に励まされながら、抜かりなく微調整に努めてきたというだけあって、先週のオープニングは、すきのない緊張感と盛り上がりに満ちていた。  思えば、モントリオールのシルク・ドゥ・ソレイユ国際本部で、まだ「ZED」というタイトルも知らないままに、ショーの一部を垣間見せてもらったのは、半年前のこと(第13回参照)。稲垣正司さんによるバトントワリングは、その時も見事なものだったけれど、今回の東京の本番では「ジン(Djinn)」というキャラクターを与えられ、「ZED」の世界を司る「シャーマン(The Shaman)」の先導役として、彼に同行する重要な役割を担う人物になっていた。扱うバトンは2本から3本に増え、テクニックの難易度もさらにアップ。その堂々としたパフォーマンスは、まぶしいほどだった。

 6月下旬、リハーサル真っ最中の劇場を訪ねた時に出会ったアーティストたちも、みな見違えるようだった。特に、小栗さんにピエロの赤鼻を付けさせ、即興でじゃれ合うみたいに遊んでいた二人のクラウン(アナトリ・アッカーマンとスタニスラフ・ボグダノフ、第16回参照)の活躍には、目を見張るものがある。二人はあの時のキャラのまま、緊迫感漂うアクロバットの間に出てきて観客をホッとなごませるだけでなく、この壮大なスケールを持つ物語の鍵を開ける張本人であり、Zedとともに、天上と地上の世界がつながる瞬間をも見届ける。そして最後には、物語を収束させる役割まで託されているのだ。開演前からの客席でのいたずらに始まって、観客の心をしっかりつかんでしまう二人は、文字通り「ZED」の”鍵を握る”人物になり切っていた。数カ月にまたがって目撃してきただけに、「ZED」の進化ぶりには、感慨もひとしおだ。

 小栗さんが「僕はやっぱり、こういうほうが好きですね」と言っていたように、「ZED」は「ミステール」に代表されるような、オーソドックスなシルク・ドゥ・ソレイユ・スタイルを踏襲したショーになっている。そこが一番の魅力と、小栗さんの目にも映ったようだ。

 ふと、ラスベガスとモントリオールでの取材を終えた時のことを思い出した。シルクのスタッフが、小栗さんに「ラスベガスでは、どのショーがいちばん気に入った?」と尋ねると、小栗さんは「ミステール」と即答。それを聞いたシルクのスタッフは、一人はニッコリ微笑み、もう一人は「イエス!」と、小さくガッツポーズをしてみせた。その時の二人の、うれしそうな顔が忘れられない。「シルク・ドゥ・ソレイユが一番大切にしていることを、この人はちゃんと分かっている」。彼らは、小栗旬の答えを、そう解釈したのに違いない。同じ魂を引き継ぐ「ZED」が日本で開幕し、多くの観客に喜ばれ続けることを、彼らもきっと、確信していることだろう。

"太陽的馬戲"絲·do·太陽。能技能熟練那個娛樂的日本首次的常設劇場「絲·do·太陽劇場東京」10月1日,東京迪斯尼休養地誕生了。與"現在最應時的男人"演員小栗應時先生追趕了那個魅力的連載是也終於最後一次。與小栗先生看了「ZED」。

 ◇

 終於開幕了的「ZED」。tryout之間,正因為說日本的觀眾的暖的反應一邊被迫努力,一邊疏忽沒有致力了於微調整,上星期的開放,與喜歡的沒有的緊張感熱烈充滿著。  如果想,從蒙特利爾的絲·do·太陽國際本部,還「ZED」的標題也不知道的請對著,籬笆間顯示了展覽的一部分的,半年前的事(第13次參照)。由於稻垣正司先生的batontowaringu,那時也漂亮,不過,成為擔負此次的東京的正式表演被給予「杜松子酒(Djinn)」的登場人物,作為掌管「ZED」的世界的「巫師(The Shaman)」的先導角色,他同行的重要的作用的人物。處理的接力棒從2個增加到3個,技巧的難易度更加也提高。那個堂堂的表演,是晃眼的那樣。

 6月下旬,訪問了綵排正當中的劇場的時候遇見了的美術家們,也好像全部看錯。特別,讓小栗先生放丑角的紅鼻子,由於即興好像嬉戲互相玩的二人的王冠(anatori·akkaman和studio漆障礙區域·bogudanofu,第16次參照的)活躍,有瞠目結舌的東西。二人那個時候的造型的那樣,緊迫感飄浮的雜技之間出來放心不僅僅使之溫和起來觀眾,是打開拿這個雄壯的比例尺的故事的鑰匙的禍首,與Zed一起,也看到天空和地上的世界連接的瞬間。並且最後,到(連)使之結束故事的作用被託付。成為切著在從開演前開始的觀覽席的白白開始,好好地抓住了觀眾的心的二人,如字面那樣掌握"「ZED」的"鑰匙人物。數個月跨正因為目擊了,隔「ZED」的進化,感慨也是暴醃。

 小栗詢說著「我還是,喜歡這樣的一方」一樣地,「ZED」成為「錯誤尾」沿襲了象被代表一樣的,正統的絲·do·太陽·風格的展覽。一號的魅力和,小栗旬的眼也好像顯現了那裡。

 偶然,想起了結束了在拉斯維加斯和蒙特利爾的採訪的時候的事。絲的職員,小栗先生「在拉斯維加斯,哪個展覽最中意?尋問」的話,小栗先生立即回答「錯誤尾」。聽了那個的絲的職員,是一人莞然微笑,已經一人是「耶穌!」,很小地做了振臂表示勝利給(你)看看。那時的二人的,不能忘記看起來高興的臉。「這個人好好地明白絲·do·太陽最重要的事,」。他們,那樣解釋了小栗應時的回答,肯定。他們也一定,是確信吧承繼同樣的魂的「ZED」在日本開幕,被多的觀眾持續感到喜悅的事。

 

death54 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()